フィンランドのヘルシンキ


04

 北欧は、ヨーロッパの中でも特に美しいデザインが特徴的な建造物が多い地域です。その中でも特に観光旅行者に人気なのがフィンランドの首ヘルシンキです。

 ヘルシンキは、美しいバルト海の海岸線に囲まれた街で、たくさんの湾や半島に市街が広がっています。ヘルシンキは、フィンランドの首都でありながら、経済や文化面でも最も活気が溢れています。
 ヨーロッパの伝統的な造りの建物はもちろんのこと、カッコいいデザインの看板やお洒落な雑貨を扱うショップが街のあちこちにあり、歩いているだけでも楽しめてしまいます。

 ヘルシンキは、フィンランドの中心都市として現代的になっていますが、街並みを守るための「景観法」と呼ばれる法律によって、高層ビルのような建物は一切ありません。都会的でありながら、自然が豊かで、豊富な水と緑と共存する魅力的な街並みがヘルシンキの魅力です。

 お店の看板、街灯、市電など、町中で見かける何気ないものまでがお洒落で、ただ散歩しているだけでも、いつの間にか北欧の美しい街並みに吸い込まれてしまいそうになります。
 大聖堂や寺院などもあり、北欧の伝統的な建設物を見ることもできます。美術館も豊富にありますので、美術館巡りをして一日中北欧の芸術を鑑賞してみるのもいいかもしれません。
 もし北欧へ旅行へ行こう、と考えている方には、美しい街並みが魅力的なフィンランドのヘルシンキを」ぜひともおすすめします。